iPhone・スマホの故障時の対応、修理可能かどうかご紹介します。

iPhone・スマホが壊れてもあわてないで!修理する前に知っておくべきこと。

 
iPhone・スマホが故障してしまった、どうしよう!
という方は多くいらっしゃると思います。
例えば、ふいにスマホを落として画面が割れてしまったり、急に電源が付かなくなってしまったり、
もしくはトイレやお風呂にポチャッと落としてしまうということもあるでしょう。
そういった場合、どうすればいいのか事前に知っておくことでその後の対応を大きく変えることが出来ます。
 
iPhone・スマホの故障にはさまざまなケースがあります。
 
上記のように画面割れ、電源の故障、水没させてしまったという症状は修理の中でもトップ3の故障事例です。
特に画面を割ってしまった、バッテリーの消耗が激しいなどは皆さんも経験があるのではないでしょうか?
それ以外の故障だとカメラの故障も多いです。
近年のiPhoneは他のスマホ同様に高画質・高機能のカメラを搭載しており、非常にきれいな写真を撮ることが出来ます。
また、ズーム機能も年々進化しています。そうなるとカメラパーツ自体もどんどん複雑で繊細なものになっていきます。
カメラが起動しなくなったり線や点が映りこんでしまってという症状が多いです。
また、カメラレンズも大きくなってきているので割れてしまうリスクが高くなっています。
カメラの故障もレンズ割れも両方修理可能です。
  充電口の故障も多いです。
充電の減りについてはバッテリーの問題の可能性が高いですが、
充電ケーブルを差しても充電しない場合は充電口が故障しているケースが考えられます。
  その他にもスリープボタン・ホームボタンなどのボタン系の故障(押しても反応しない、押してないのに勝手に作動するなど)、
ネットがつながらない、WI-FIに繋がらない、Bluetoothに繋がらないといった接続の問題などがあります。
 
iPhone・スマホが故障してしまったときの対処法
  それではいよいよ故障の際の対処方をお伝えします。
まず、画面が割れてしまった場合の対策です。
基本的にがiPhone・スマホの画面はガラス製です。ガラスが割れてしまうという事は非常に鋭利になっており怪我をしてしまう可能性があります。
また、ガラス破片がぽろぽろ落ちてくるようなこともあります。
この二つを防ぐのに有効なのがフィルムを張るという方法です。
通常画面の傷や汚れ防止などのために使うスマホの保護フィルムですが、割れてしまった画面に貼り付けることでで一時的に怪我の防止に使うことが出来ます。
ただし、画面・液晶に損傷があると気泡が入りやすくかなり貼り付けにくくなってしまいますのでご注意ください。
  続いて、バッテリーの消耗・充電が持たないという症状についてです。
基本的にはバッテリーの消費速度を落とすことが大事になってきます。
例えば「位置情報を切る」「バックグラウンドアプリのタスクキルをする」「使っていないWi-Fi、Bluetooth接続をオフにする」など実はバッテリーに負担をかけてしまう行為が多数あります。
そして、一番控えて欲しいのが「充電をしながらiPhone・スマホを使う」です。
特に充電しながらアプリゲームをされるようなパターンだと日常的にそういった状態になってしまっているケースが多いのではないでしょうか?
上記のような使用方法を控えるだけでもバッテリーの消耗は軽減できます。
是非一度お試しください。
  そして、水没についてです。
水没させてしまった場合、急いで電源を付けようとされる方は多いと思います。
データが消えていないか、故障していないかどうしても気になってしまいますよね。
しかし、水没した後に電気を流す行為は絶対的なNG行為です。
電源スイッチを押したり充電をしようとしたりすると内部がショートしてしまい故障を重症化させてしまう可能性があります。
また、乾燥剤や生米に入れて保管するという対処方があるそうですが、このやり方もNGです。
水没して時間が経てば経つほど復旧率は下がっていきますし、そういった保管方法で水分を除去するのは非常に難しいです。
  以上様々なケースの対処法をご紹介しましたが、
いずれにしても最も大事なのはスマホの中に入っているデータです。
こまめにバックアップを取って万が一の故障時にあわてないようにしましょう。
iPhone・スマホの故障は専門店に依頼しましょう!
  今までご紹介してきた症状だと自然治癒することはあり得ない症状です。
割れたガラスがいつか綺麗に引っ付くわけではないですし、バッテリーは使えば使うほど劣化していきます。
水没に関しても一度ショート・腐食してしまった基板を復旧するのは非常に困難です。
では、どのようにすれば改善するかと言うと、専門店に依頼することが一番です。
画面やバッテリー、その他カメラやボタンパーツ・充電口、各種ケーブルなど、パーツの故障であれば問題のあるパーツを交換することで改善します。
水没の場合は基板自体の問題となるため交換はできないのですが、水没したスマホの洗浄・乾燥などを行うことで電源を付けてデータを取り出せる可能性があります。
    スマホステーションではパーツの交換修理、水没の復旧修理を専門に行っています。
iPhone・スマホ・タブレット様々な機種に対応していますので、お困りの際は是非お問い合わせください。

2020年8月2日UNiCASE 錦糸町パルコ店ブログ