iPhoneXRの故障!画面割れにバッテリーの不調、、、どこで修理すれば?

appleの人気機種、iPhone XRの故障!どこに依頼すればいい?


iPhoneXRの故障、どんなものがある?


まずはスマホステーションに寄せられるiPhoneXRの故障の症状をご紹介します。
①画面が割れてしまった
iPhoneXRだけでなく、iPhone・スマホは液晶面がガラス素材のため割れてしまうことがあります。
割れてしまうと液晶表示が良く見えないですし、ガラス破片で怪我をしてしまうリスクもありますので、早めに何とかしたいとご連絡いただくケースが多いようです。
また、画面割れに付随して、液晶の故障というのも多いです。
iPhoneXRの液晶は大きく、きれいな画質が特徴の機種です。そのため、液晶に線が入ったり砂嵐になってしまうと非常に残念ですね。
  ②バッテリー・電源トラブル
充電の減りが早い、持ちが悪いという経験がある方も多いのではないでしょうか?
iPhoneは1年2年と使っていくとバッテリーの充電容量が減って行ってしまうのです。
その症状が進行すると「急に電源が落ちる」という事態も起こってしまいます。
また、バッテリーだけでなく、充電口と言われる充電ケーブルの差込口の故障もあります。充電ケーブルを差しても反応しない場合、充電速度が著しく遅いなどの症状です。
  ③iPhoneの電波トラブル
急にネットが読み込まなくなった、WI-FI・Bluetoothに繋がらない!そんな症状の問い合わせもあります。
スマホでネット検索をしたい、アプリを使いたいという時でもインターネットに繋がらなくなってしまうとiPhoneの魅力が半減してしまいますね、、、
また、最近はBluetoothでアップルウォッチ、イヤホン、マウスにつないで使っているという方も多いと思います。
こういった接続はiPhoneXR以前の機種に比べ格段に少なくなってきていますが、未だ問い合わせいただくことがあります。
 
④パスコードがわからない、顔認証が反応しない
iPhoneXシリーズと言えば顔認証!
スマホが持ち主の顔を認識して自動でロックを外してくれます。
しかし、マスクをしていたり暗い場所での使用だったり顔認証が作動しないケースというのもあります。
そんなときパスコードを用いてロックを解除するのですが、顔認証に頼り切っていてパスコードがわからない、という問い合わせをいただくことがあります。
また、最悪のケースだと、何度もパスを間違えてしまいiPhoneXRの画面上に「iPhoneは使用できません」の文字が、、、
 
iPhoneXRが壊れた時、自分でできる対処法
 
iPhoneXRの症状を様々紹介させていただきました。
スマホは身近である分、トラブルも多いです。
さて、それではiPhoneの調子が悪いとき、壊れてしまったときの対処法をご紹介します。
画面が割れてしまった、バッテリーの交換をしたい、そんなときご自身でできる対処法、
実はこういったケースだと自身でできることがないのです。
と言うのも、iPhoneは気軽に分解してパーツの交換、という事が出来ない構造になっています。
そのため画面を変えたい、バッテリーを新しくしたいというときは専門店に依頼するのが最も確実な方法です。
  インターネットやWi-Fi、Bluetoothなどの接続トラブルに関しては、まず、iPhoneの再起動をしてみてください
iPhoneXRの場合、再起動はスリープボタンを長押し!ではないのです。
スリープボタン+ボリュームボタンのマイナスぼたんの長押しでシャットダウンすることが可能です。
iPhoneを再起動しても症状が改善しない場合、次に接続しようとしている先の状況の確認をしてみてください。
実は単純にインターネットが入らない環境だった、Wi-Fiルーターの電源が入っていなかったなど単純な確認作業で問題が解決するケースも多数あります。
是非一度お試しをお願いします。
  パスコードを忘れてしまった、と言うケースですが、こちらもまずあわてず状況の整理をしましょう。
パスコードを間違えたのは何回目ですか?
「iPhoneは使用できません」と出てきていてもその下に待ち時間が表示されていないでしょうか?
5回連続で間違えると1分の待機時間が必要になります。その後、5分、15分、1時間と待機時間は長くなっていくのですが、
合計9回まで入力のチャンスがあります。
まずは思いつく数字をしっかりメモに書き留め、入力する際もゆっくり押し間違いがないように入力しましょう。
もし対処できない場合は?
  上述しているような対処方法で改善できればいいのですが、中には改善出来ない症状も多くあります。
iPhoneの画面割れ、バッテリーの消耗等、緊急性が高いのに自分ではどうしようもない、という症状も多いですよね。
こういった内部パーツの交換・メンテナンスが必要な症状はやはり専門店にお願いするのがいいです。
また、ネットトラブル、パスコードを忘れてしまった場合なども専門のお店に持って行ってください。
  iPhoneの専門店、実はこの中には2種類のお店があります。
所謂「正規店」と呼ばれるapple認定の店舗と、街の修理屋さんです。
正規店はapple stoerはもちろん、一部のカメラのキタムラ・ビックカメラなどがあります。
カメラのキタムラ。ビックカメラについてはiPhoneの窓口がないお店もありますので注意が必要です。
正規店では基本的に予約が必要なケースが多いです。
また、症状によっては本体の交換となり、今お使いのiPhone内のデータを消去する必要があります。
対して、街の修理店は飛び込みでも歓迎というお店が多く、基本的な修理内容は画面やバッテリーのパーツ交換、メンテナンスです。
そのため、内部の保存データはそのままになります。
また、パーツの取り換えとなるため正規店に比べ、料金が割安なことが多いです。
ただし、apple careなどの保証は対応しておらず、appleのサポートからも外れてしまう可能性があります。また、パスコードの間違いなど、セキュリティ保護のためのシステムに関するトラブルに関しては対応できないです。
  上記のような違いがありますので、症状によって使い分けるのが良いと思います。
また、スマホステーションは街の修理店です。様々なトラブル・故障についての相談窓口にもなれますので、
どちらか迷っているという方もお問い合わせいただければ相談を受けさせていただきます。
 

2020年8月2日UNiCASE 錦糸町パルコ店ブログ