iPhoneのカメラが映らない、点や線が入る、そんなときはスマホステーションへ

iPhoneのカメラ機能、便利だけど壊れてしまうと非常に困る!

カメラの故障、どんな症状がある?
  iPhoneのカメラは高機能です。少し前まではデジカメを使っていたけどiPhoneで十分、という方も多いのではないでしょうか?
それくらいiPhoneユーザーにとってカメラの進化はありがたいことですね。
しかし、iPhoneのカメラにも不具合があります。初期不良なのか使用をする上での劣化なのか、様々な症状が報告されています。
中でも多い症状を3つご紹介します。
・カメラアプリを起動させてもアプリが開かない、シャットダウンされる
・カメラを使おうとしてもずっと真っ暗、何も映らない
・カメラ上に線が入る、点が入る
  特に多いのがこの3つです。
どれもカメラを使うことを考えると致命的な故障ですね。
 
カメラが壊れた、その原因は??
  iPhoneのカメラの故障には大きく3つの原因があります。
・iPhoneの初期不良
・内部面(ソフトウェア)の故障
・物理面(ハード)の故障
この3つです。
iPhoneの初期不良と言うのは、購入当初から出ている不具合です。
iPhoneに限った話ではないですが、精密機器や家電などには一定数の初期不良が存在してしまいます。
初期不良の症状は様々あり、画面のドット抜けだったりバッテリーの不具合だったり、ボタンの押す感触がおかしいだったり多種多様です。
カメラについても初期不良で映らない・点が映りこんでいるというケースがあるようです。
  ソフトウェアではアプリのバグ、本体のバグと言うのが考えらえれます。
また、iPhoneの動作自体が重くなっていて処理しきれずに勝手にシャットダウンされるという事もあります。
こういった場合、マルチタスクを消していけば改善されることがあり、また、アプリやiosのバージョンアップでもバグが解消される可能性があります。
ハードの故障と言うのは、iPhoneをぶつけてしまったり、水に濡らしてしまったりと言ったことが原因で起こります。
損傷後すぐに症状が出ることもあれば、しばらく経ってから症状が出てくることもあります。
皆さんも精密機器を落としたら液晶に線が入ってしまったり、電源が入らなくなってしまったりと言う経験がおありではないでしょうか?
カメラの故障も同様で、強い衝撃や水濡れによるショートで故障してしまうことがあります。
また、大事に使ってきてもiPhoneの使用年数が経過することで徐々に劣化していき故障してしまうというケースもあります。
iPhoneは熱を持つので、熱くなったり冷めたりの繰り返しでパーツのケーブルや本体基板が劣化してしまうのです。
 
カメラの故障、自分で対処できることは?
iPhoneカメラ修理のビフォーアフター
カメラ故障時の対処方についてご説明します。
初期不良の場合、iPhoneには購入後1年間の製品保証が付いています。
そのため、期間内であればapplestoreや購入した店舗に連絡することで別の新品機種に交換していただけます。
購入した店舗でもappleに連絡してくださいと返答されるケースがあるのでappleに連絡するのが一番かもしれないですね。
ただし、1年間の保証とは言え日が経てば物理故障等と判断されてしまうことも多々あります。
基本的に初期不良であれば購入した当日に判明するので購入日のその日のうちに連絡するのが良いでしょうか。
さらに言えば、保証期間を2年に延長するなどの恩恵があるapple care+に加入していくのが最善です。
appleのサイトでも下記のように記載があります。
その他の修理
ホームボタン、液体による損傷、アクセサリなど、その他の問題について iPhone の修理が必要な場合は、以下の点をご確認ください。
  • iPhone の不具合が Apple 製品限定保証や AppleCare+ の保証対象である場合は修理サービス料金がかかりません。ただし過失や事故による損傷は保証対象外です (保証対象外修理サービス料金がかかります)。
  • AppleCare+ にご加入の場合は、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを 2 回まで受けられます。ただしこのサービスには毎回 AppleCare+ サービス料がかかります。
  • iPhone に過失や事故による損傷があり、AppleCare+ に未加入の場合は、修理内容によって修理サービス料金が異なります。下記料金表の「保証対象外」の欄に表示されている金額は修理サービス料金の上限です。ただしこれは Apple で修理した場合の料金です。Apple 正規サービスプロバイダで修理する場合は、これとは料金が異なることがあります。
iPhoneの修理サービス  
ソフトウェアに原因がある場合の対処法は下記です。
・マルチタスクを消去
・iPhoneの再起動
・iosのバージョンアップ
マルチタスクを消して、再度カメラアプリを立ち上げることで改善するケースも多いです。
上記を試していただいても改善しない場合は、初期不良と同じくappleに連絡いただく形になります。
  物理ダメージによる故障の場合、対処法はよりシンプルです。
物理故障はパーツの損傷や劣化によるものだとパーツそのものの交換が必要となります。
しかし、パーツを取り除き、さらに新しいパーツを取り付けるためには本体の分解作業が必要となります。
iPhoneの分解は自身で行うには非常にレベルが高く、他のパーツやあるいは本体基板を傷つけてしまう可能性があります。
そのため、専門店に依頼するのが一番です。
iPhoneのカメラパーツの交換はapplestoreでは対応していないケースが多く(パーツごとの交換ではなく本体の交換となるようです。)、
当店のような街の修理屋さんであればこういった修理に対応しています。
修理屋さんの特徴として、
・パーツごとの交換修理を行っているので割安
・データを消去する必要がなく、データそのまま修理可能
・飛び込み歓迎のところが多く、修理自体も即日で終わるケースが多い
・修理屋さんで修理を行うとその後正規の修理保証から外れてしまう可能性があり
applestoreと違い正規店ではないためメリットデメリットがあります。
当店であれば一度ご来店いただければ相談の上、修理をされるか決めていただけるのでapplestoreと迷われたら一度ご来店ください!
   

2020年8月2日UNiCASE 錦糸町パルコ店ブログ