iPhone7の画面が割れた、液晶も映らなくて縦線が入っている!

iPhone7の画面がひどい状態に、、、液晶も真っ暗で映らない。データは大丈夫?修理は出来る?


 
iPhone7が大ダメージ!液晶まで影響がある場合の懸念点は?
 
今回ご紹介するのはiPhone7の画面割れです。
正に大破という感じの状態で、ガラスが割れているだけでなく液晶もぐちゃぐちゃです。
ほとんど映っていなくて、青・赤・紫色の縦線が入ってしまっています。

  ここまで破損がひどいと中の内部のデータがどうなっているのか全く分からない状態です。
待ち受け画面もハッキリ映らないですし、表示を付けるとタッチ音が鳴ってしまうような症状です。
タッチ音についてですが、これはタッチ操作にも異常をきたしているためと考えられます。
iPhone7のガラス割れ、液晶割れの症状で怖いのはこの割れている隙間から埃や水分が入ってしまうことです。
側面のベゼル付近にも割れ・ひびがあり、ここから埃や水分が侵入してしまう可能性があるのです。
iPhone7には耐水・耐塵機能が備わっているとは言え、画面が割れてしまうと簡単に侵入、浸水してしまいますので注意が必要です。
埃、水分が入り込むことで内部基板をショートさせてしまったりパーツ・ケーブルの劣化を早める原因になり、場合によってはガラスが入り込んでバッテリーを傷つけ発火してしまう恐れもあります。
 
液晶が映らないiPhone7、内部のデータは大丈夫??
 
液晶の表示がおかしくなってしまったといっても、iPhone内部は動いています。
そのため、この症状でも基本的に中のデータはそのままなのです。
しっかり修理して液晶が復活すれば今まで通りにお使いいただけるはずです。
しかし、一つ重要なことがあります。
それはタッチの暴走です。液晶が壊れて見れない状態でタッチ操作が勝手に動いてしまうという事は、
パスコードを無茶苦茶に連打しているという事です。
実はパスコードには間違えられる回数制限があります。パスコードを間違えすぎると「このiPhoneは使用できません」と表示されてしまいます。
そしてその下に分数のカウントが表示されており、カウントが終了すると再度打ち込めるようになるのですが、合計10回入力ミスをしてしまうとカウントが表示されなくなってしまい、ホーム画面に行くことが出来なくなってしまうのです。。。
修理で改善してもiPhoneが使用できないとバックアップを取ることもできず初期化するしか手がありません。
画面・液晶の故障で一番怖いのはこの知らず知らずにパスコードを間違えてしまうという症状です。
 
iPhone7の画面修理はスマホステーション錦糸町にお任せ!
 
ここまで破損がひどいiPhone7でもスマホステーション錦糸町なら修理が可能、多数の改善実績があります。
画面と液晶が一体となっているパーツを交換することで問題なく解決できます。
新しい画面パーツはしっかり動作テストを行った上で交換するので、修理してから動作がおかしいという事もありません。
万が一動作の不良が出てしまってもパーツの保証が付いていますのでお持ちいただければ再度パーツの交換をさせていただきます。

今回の修理も無事に修理完了です。
綺麗に液晶が映っており、パスコードを入力してホーム画面までたどり着けました。
もちろん中のデータも故障する直前と同じ状態です。
 
iPhone7は人気機種のため使用されている方も多いかと思います。
そのため、iPhone7の画面割れは軽傷なものから今回のような重症なもの、中には画面は割れていないけど液晶に線が入った、黒いシミが出てきた、砂嵐になったという症状もあります。
こういった症状もスマホステーション錦糸町で修理が可能です。
墨田区、錦糸町でiPhone7の修理をお考えならぜひスマホステーション錦糸町まで!
   

2020年8月2日UNiCASE 錦糸町パルコ店ブログ