iPhone・スマホの充電トラブル、充電できない原因と対策をご紹介

iPhone・スマホの充電ができない、だんだん充電残量が減って電源が切れてしまった。。。

 
現代人にとって必要不可欠なスマホ、iPhoneをはじめXperia・Galaxy・Huaweiなど多くの機種が発売されています。
スマホの活躍の場は多種多様で、携帯電話として電話・メールを使い、カメラのように写真・動画の撮影をし、SNSで世界中の人々とつながり、
その他にも地図も使えればゲームもできる、仕事のプレゼンテーションも勉強もできます。
そんなiPhone・スマホの最大の敵と言っても過言ではないのが充電トラブルです。
 
充電できなくなるとどんなことが起こる?
 

iPhoneやスマホの充電ができなくなると当然いつか電源が落ちてしまいます。
そうすれば電話・メールはもちろん、アプリを使うことは不可能ですね。誰かに連絡を取ることもできないですし、地図やカメラを使うことも、
ゲームのログインボーナスをもらうことすらできないです。時間を見ることすらできないのです。
  一度充電切れでシャットダウンしてしまうと再度電源を付けるのは容易ではないです。
とは言え、充電ができるのであれば20~30分も待てば、起動させることが出来ます。
ここで注意したいのは一度電源が落ちてから復活するまでには多少時間がかかります。
1%から2%に上がるのは1~2分かと思いますが、0%から1%に上がるにはかなりの電力を使うようでなかなか起動しないです。
電源が付かないとはいえ充電をしている反応は確認できるので充電反応があればしばらくお待ちください。
 
iPhone・スマホの充電の仕組み、構造はどうなっている?
 
iPhoneをはじめとするスマートフォンは基本的に充電ケーブルを差し込み充電するタイプです。
最新の機種であればQi(チー)などのワイヤレス充電ができるものもありますが、主流派ケーブル差込タイプじゃないでしょうか?
下側面にある差込口からケーブルの先端を差込みます。そして、充電口から送られてきた電気が基板を通ってバッテリーに蓄電される構造になっている機種が多いです。
つまり、電気の流れとしては、コンセント→ケーブル→充電口→バッテリーとなります。
 
iPhoneが悪い?充電ケーブルが悪い?原因をチェック!
 
iPhoneが充電しない場合、どんな原因が考えれるでしょうか?
先ほどご紹介した、コンセント・充電ケーブル・充電口・バッテリー、
すべて正常に動いているのであれば充電されるはずです。
どこか壊れていたり、電気の流れが止まっていたりすれば充電されません。
iPhone以外の問題、コンセントや充電ケーブルが悪い場合は別のコンセントやケーブルに変えれば問題解決します。
しかし、iPhone本体側、つまり充電口やバッテリーに問題があると問題は複雑になってしまいます。
まずは本体が悪いのか外部なのかを判別しましょう。
判別方法は簡単です。コンセント・充電ケーブルはそのままに別のiPhoneを充電してみてください。
同じ環境で充電ができるのであれば外部環境は正常です。
別の端末がない替わりがないという場合は上記で紹介している別のコンセント、充電ケーブルを試してみてください。
これで改善されれば充電できるはずです。
しかし、これで充電できないと本体側に問題がある可能性が高いです。
 
自分で解決!できないときは修理店にお任せ!
 
コンセントや充電ケーブルを変えて充電できるようになればいいのですが、それらが正常であればiPhone本体側の問題を解決する必要があります。
ここで自分自身でできる対策・改善策を紹介します。
①ソフトウェアの改善のために再起動してみる
②充電口のコネクタを確認
③再度外部環境を確認してみる
 
①ソフトウェアの改善のために再起動してみる
充電できないのがシステムエラーの可能性もあります。バグが出ていたり、処理が追いついておらず表示がおかしいだけだったりという症状もあります。
そんな時は一度再起動を試してみてください。
iPhoneの再起動の手順は機種によって異なります。
iPhone6S/6Splus以前の機種・・・「ホームボタン」と「電源ボタン(スリープボタン)」両方の長押し
iPhone7/7plsuの場合・・・「ボリュームボタン下(マイナス)」と「電源ボタン(スリープボタン)」両方の長押し
iPhone8/8plus・iPhoneX以降の場合・・・「ボリュームボタン上(プラス)」を一回押す→「ボリュームボタン下(マイナス)」を一回押す→「電源ボタン(スリープボタン)」を長押し
新しい機種になるほど複雑になりますね。自身の機種をしっかり確認してお試しください。
②充電口のコネクタを確認
充電口を見てみてください。コネクタのピンが抜けている飛んでしまっているという事はないでしょうか?また、コネクタにゴミが挟まったり充電口に埃が溜まったりしていないですか?
特に一度水濡れをしているような端末・ケーブルだと小さくショートしてしまっていてその箇所が不具合の原因になっているようなケースもあります。
また、埃が詰まっているケースについても要注意です。ゴミや埃であれば簡単に取り除けると思われますが、充電口や充電口コネクタは非常に繊細です。
軽く触っただけのつもりでもコネクタを傷つけて故障させてしまうというケースも多いです。
そうならないために慎重に掃除してください。可能であればエアーダスターなどがあればよいですし、もっと言えばそういった簡単な症状でも修理専門店に任せるのがベストです。
③再度外部環境を確認してみる
コンセントや充電ケーブルを確認した、実はそれだけでは安心できません。
それ以外にもiPhone外部の問題と言うのはあります。
その一つが「非純正のケーブル」です。Amazonや楽天などのネットショップやコンビニ・家電量販店など充電ケーブルを販売しているところは数多くありますが、その中には一部品質の低いケーブルが混ざっています。
そういったケーブルを使っていることで充電しなかったり、iPhone自体の充電性能にダメージを与えているパターンもあります。
この品質の低いものだと、「他のiPhoneでは充電できるのにこのiPhoneだけ充電しない!」ということも起こりうるのです。
充電ケーブルの問題半分、iPhoneの問題半分と言う状態です。
単純に他のケーブルを試すのではなく、純正のiPhone充電ケーブルを試してみてください。
iPhone・スマホの充電トラブル。スマホステーション錦糸町の修理実績とお客様の声を紹介
 
上記の改善策で解決しない場合、修理専門店に依頼されるのが一番です。
スマホステーション錦糸町でも多くの充電トラブルの改善実績があります。
多くのiPhone・スマホが充電口(ドックコネクター)の交換修理やバッテリー交換で問題なく充電ができるようになっています。
そんな修理実績の一部を症状と併せてお客様から寄せられたお声と一緒にご紹介します。

・墨田区錦糸町から来られたiPhone7のお客様
「最近何度も充電ケーブルの抜き差しをしないと充電しなくて、いよいよ全く充電しなくなっていました。パルコの中にある修理店でよく通るところにあったので気軽に依頼出来ました。無事iPhone7の修理が終わり、ついでに古かったケースの買い替えもできて満足です。」
・墨田区両国から来られたiPhone7plusのお客様
「起きたら電源が切れていて、充電しても反応がなくてかなり困っていたのですが、近くのスマホステーションさんに相談しました。中のデータがとにかく心配だったのですが30分ほどで修理が終わり、ドックコネクターというパーツの故障だったとのことでした。無事修理していただきデータも残っていたので安心しました。」
・亀戸からお越しのXperiaのお客様
「XPERIAを使っているのですが、充電しなくなり、近隣の修理店を探していたのですがなかなか修理対応しているところが見当たりませんでした。錦糸町にはよく行くのでパルコの中の店舗で修理を受けていただけ助かりました。XPERIAでも対応いただけるので今後も何かあれば相談したいと思います。」
 
他にも多数のお声をいただいています。
iPhone・スマホの充電トラブルでお悩みならスマホステーション錦糸町までお問い合わせください。

2020年8月2日UNiCASE 錦糸町パルコ店ブログ