Xperiaの画面が割れてしまった、液晶に線やシミが、、、画面の修理は可能??

Xperiaのスマホ、画面割れや液晶破損などのトラブルが起きてしまったら

Sonyから発売されている人気AndroidスマホのXperia、近年は中国メーカーのHUAWEI、Zenfone、OPPOなどの台頭があるものの、まだまだユーザーは多いシリーズです。
「だから私はXperia」というcmもよく流れていましたね。
2020年にはXperia1Ⅱが発売され、Xperia XZpremium以来の人気と期待されているようですね。
この最新のXepriaはドコモとauにて発売されているようです。

docomo Xperia 1 II SO-51A


au Xperia 1 II SOG01


Xperiaスマホは割れやすい??

最近のスマホは画面のガラス素材の強化がされており、年々丈夫になっているようです。
数年前に人気だったXperiaのZシリーズなんかはかなり割れやすいイメージがあります、
Z2もZ3もZ5もかなりの台数の修理をしていました。
その後の後継機種たちはZシリーズに比べると「画面が割れた!」という問い合わせの件数は減っているように思います。
出荷台数・販売台数の違いももちろんありますが、画面自体の強度が上がっているのも理由の一つでしょう。
しかし、件数が減ったとは言え画面割れはスマホとは切っても切り離せないトラブル、
Xperiaの新型の機種でも「画面にひびが。。。」「地面に落としたら割れてしまった。。。」という悲痛はご連絡をいただくことはまだまだあります。
落下の衝撃や、どの程度の高さから落としたのか・どこに落としたのか、また、落とす頻度(回数)によっても画面割れのリスクは高まると思われます。

ガラス割れにより引き起こされる症状

Xperiaの画面が割れてしまった場合、大きく分けて2つの減少が起きます。
一つは表面のガラスのみが割れてしまうというパターンです。
画面が割れてしまった、と言うのは基本的にはこのガラス割れを指します。
そしてもう一つが、液晶にもダメージが入ってしまうパターンです。
多くの場合、タッチ機能に影響があります。
ガラスへのダメージは小さいのにタッチの反応がなくなってしまった、操作が効きにくくなったという症状です。
さらには、液晶に黒いシミが出てきたという症状や、縦線・横線が入るようになったという症状もあります。
黒いシミと言うのはよく液晶漏れ、液漏れと言われる症状でほとんどの場合、液晶漏れを起こすとその箇所の操作は出来なくなります。
   

画面割れを防ぐにはどうすればいい?

Xperiaなどのスマートフォンは決して安いものではないですし、出来るのことなら画面を割らずに綺麗に使いたいですね。
画面を防ぐ手段は大きく二つあります。

①フィルムやコーティングでで画面を保護する

強化ガラスフィルムなどはすでに多くの方は利用していますね。その他にもガラス素材ではないフィルムで衝撃を吸収してくれるタイプのフィルムもあります。
こういった画面割れに強い、割れを軽減する機能のあるフィルムを貼るのは一つ有効な手段だと思います。
また、最近人気の「スマホコーティング」もガラス面を強くすることが可能のようで、コーティング層を何層も重ねることでより強度が上がっていくようです。

②耐久性の高いケースを使う
フィルムなどよりより効果的なのがケースです。
どれでもいいという事ではなく、全面をしっかり覆ってくれて落下時の衝撃を緩和してくれるようなケースを使用しましょう。
スマホメーカーの中にはどれだけ衝撃に耐えられるのか、という実験をしているところもあるのでかなり本格的な割れ防止になりそうです。
とは言え、そういったケースはどうしても分厚くなり、Xperia本来のスタイリッシュな見た目をかなり損なってしまうことになります。
フィルムとケース、どちらも併用するのが一番だと思いますが、見た目やデザイン性も考慮しながら考えてみてはいかがでしょうか?
   

Xperiaの修理をお願いできる場所

フィルムやケースを使っていても不幸な事故と言うのは起こりがちです。
何度も何度も落としてしまっていたり、打ちどころが悪かったりすると割れてしまう可能性があります。
Xperiaの画面が割れてしまった、そんなときどうすればよいのでしょうか?
  ドコモ・au・ソフトバンクと言った国内3大キャリアで端末を購入しているのなら、キャリアで交換の手続きをするのが最も一般的です。
購入時に保証サービスに加入していれば無料で交換できる場合もあり、負担が少なくて安心ですね。
最寄りのキャリアショップにて受付してもらうことも、ネット上でも申し込みもできるようなので、それぞれのサイトを確認してみましょう。
ただし、基本的にキャリアショップの場合、注意点が2つあります。

1つ目は「本体交換」の対応となるケースが多いです。
そのため、データのバックアップが必要になります。
「画面が割れてタッチ操作が出来ない」というケースもあるかと思いますが、そんなときな「スマホ用のマウス」を使いましょう。
画面のタッチ操作が出来なくてもマウスでカーソルを動かく事が出来るのでバックアップ作業もできるようになると思います。

2つ目は、預かりサービスという事です。
ショップに持ち込んでも当日に新しいものをもらえるわけではなく、一旦メーカーに届けられるため数日必要となります。
数日自分の手から離れるのは非常に不便ですよね。
代替機を借りられるケースもありますが、代替機は借りている端末、どうしても今までのように使うことは難しいです。
 

スマホステーション錦糸町のXperia修理


XPERIAの画面が割れてしまって修理をしたいけど、そんなに日数を掛けられないという方や、キャリヤ・メーカーの保証サービスに入っていないという方も多いと思います。
そんな時はスマホステーションまでお問い合わせください。
スマホステーションはiPhoneを始めXperia・Galaxy・GooglePixelなどのスマートフォンの修理を専門に行っています。
ガラスが割れてしまった症状でも、液晶までダメージが入って液漏れ・線が入る、タッチが効かないという症状でも修理で改善が可能です。
また、バッテリーの持ちが悪い・充電の減りが早いというバッテリーのトラブルや、水没させてしまって電源が付かないという場合でも修理を行っています。
  Xperiaの故障でお困りならぜひ当店までお問い合わせください。    

2020年8月18日UNiCASE 錦糸町パルコ店ブログ